20代のうちにやっておけば良かったこと4選

「ああしておけば良かった」「こうしておけば良かった」とクヨクヨ後悔することの多いワイ。

今回は個人的に後悔していて「こうしておけば良かった!」ということと、

「これやって良かったよ!」ということを書きます。

目次

後悔していること(やっておけば良かった)

  • もっと男遊びしておけば良かった

20代(特に大学時代)がモテ全盛期だった。

「相手に悪いし…」と思って、自分に気がなければお誘いや告白されても断っていたけど、今思えばもっと遊んでも良かった。

軽く遊ぶことに対して、何故か母親に罪悪感を抱いていた思い出。

更に自分から当たって砕けられるほどの自己肯定感が無く、向こうから言われるのを待ってたのも悔やまれる。。

マジでちやほやされるのも今のうちだから、悔いることのないようにちやほやされておけと伝えたい。

  • 経験にお金をかければ良かった

社会人になり正社員で週5日働き、休日2日はインドカレー屋でバイトしてた。

今考えると週7で働くって狂気の沙汰

カレー屋バイトは給料も入るし食費も浮くし、大好きなカレーも食べられるしで結構楽しかった。

小さいころから「うちは貧乏」と言われ続けた上におつむも弱かったので、手っ取り早くお金を貯めることしか考えていなかった。

そして貯めることばかりで、自分へのお金の使い方を知らなかった。

結果お金はちびりちびりと貯まったけれど、何か20代のうちにできることをもっと経験しておけば良かったと悔やんでいる。

とはいえ、アルバイトも普段は見れない世界が見えるので良い経験だったけどね。

  • もっと旅行に行けば良かった

上記の経験が例えば旅行。

海外はもちろん、お金が無いなら国内一人旅も良い経験になっただろう。

30代で初めて訪れた(そして住んだ)ヨーロッパで、いかに今までの世界が狭かったかを痛感した。

日本との違いはもちろん、出会う人や関わる人の価値観も違ってかなりの衝撃を受けた。

異文化に触れることはこんなにも人生に影響を及ぼすのかと実感した。

機会があるなら若いうちに経験して欲しい。

  • 好きなことに没頭する時間を作れば良かった

私はずっとダンスを習いたくて、でも「ダンスってキャラじゃないしな〜」とか、

「ダンスしてる人って派手そうだから、地味な自分がやるのは恥ずかしいな…」とか、

「この年齢で趣味でやるのって難しいのかな…」とか色々考えてズルズルやらずに過ごしていた。

気付いたら29歳になってて、「まだできない…とか言ってたら、一体いつになったらできるの?」と気付き、区のスポーツセンターのジャンズダンスに参加した。

そしたら何てことない、みんな自分のことで一生懸命だし、誰も私に興味なんてないやん!(いい意味で)

自分より若い子もたくさんいて、あ〜、もっと早く挑戦していたら…と思ったり。

急に習い事ってなるとハードルが高い人は、友達と一緒に参加したり、カルチャーセンターやスポーツセンターは一回限りでOKな場所もあるのでオススメ。

今はオンラインのレッスンも色々あるから良い時代だなぁと感じる。

次はやって良かったこと編です。

20代以下に伝えたいやって良かったこと

  • 20代、失敗しても全然大丈夫

仕事でヘマばっかりやって「あの子はできてるのに、なんであなたはできないの!」と上司に怒られたり、

仕事でミスして自分のダメさに落ち込む毎日を過ごしていた。

毎日ベッドまでたどり着けず、ローリングで倒れている社畜でした。

でも、今はそれを笑って人に話せるくらいにはなったし、

「あれは上司も悪くね?」と客観視する余裕もできた。

本当にしんどかったら辞めてもいいし、まだ頑張れそうなら無理しないで、好きなことに没頭する時間も作って欲しい。

  • 親の意見は聞かなくても良い

これは毒親育ちの持論ですが。

私は20代半ばになって、やっと「ん?うちの親の考えおかしくない?」と気付くことができた。

そう思うきっかけが難しいのだけど、

親の意見や気持ち=自分もそう思う

だけじゃなくて、

「親はそういうけど、自分はどうだろう?」「自分はどう思ってるんだろう?」

と突き詰めても良いと思う。

  • 誰にも見られない日記を書く

SNSが発展してたくさんの人が意見を発信できるようになったけれど、

そんな今だからこそ余計に誰にも見せない日記を書いてほしい。

ちなみにワイは悩みや腹黒い気持ちを吐き出すことメインの日記を書いていたけど、

読み返すと大した悩みじゃなかったな、と思ったり、あのときはめちゃんこ辛かったけど自分頑張ったなーと労わってあげている。

それと別で仕事用のメモ兼日記をつけていたけれど、それもとても役に立ったのでオススメしたい。

  • 少しでも興味があることは行動してみる

「この間テレビでやってたカフェに行ってみたい」とか、少しでもワクワクしたり興味を抱いたことはぜひ行動に移してみて欲しい。

自分の意志で自分の願望を叶えてあげることは思った以上に気分が良い。

私は「Youtubeってどういうシステムなんだろう?」という興味からYoutubeを始めた。

今は冬眠状態だけど、

思っていた以上に簡単に動画をアップできるんだってことが分かったり、

それが利益に繋がるかもしれないって夢があるなぁと感じたり、

自分が作ったものに知らない誰かが反応してくれる嬉しさを知ったり、

何よりも動画を作る過程でとてもワクワクを感じたり。

色々な発見があった。

まずは小さなワクワクから行動してみると、どんどんフットワークが軽くなってくる。

以上、20代のうちにやっておけば良かったこと&やって良かったことでした。

おわりっ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

専業主婦歴10年。家事は超苦手。
2021年、転勤族の夫についていきながら働ける仕事を模索する中でブログを開始。
ブログ2年目からはもう一つのブログで毎月5〜6桁の収入を継続しています。
このブログでは専業主婦が在宅ワークを始めたステップ、ブログを仕事にする方法、生活で便利なことなど自由に綴っています。

コメント

コメントする

目次