遅刻魔だった自分が遅刻グセを直すまで【黒歴史】

やってみたシリーズ
スポンサーリンク

ワイ30代主婦。

記憶のある中学生の頃から遅刻してばかりの人間。

今はだいぶ改善されてきているのだが、いつでも遅刻しようと思えばできてしまう、改善されたというよりも遅刻グセをなんとか抑えている状態です。

自分でも何故遅刻魔になってしまったのか理解できないため、このページではぐだぐだと過去の遅刻を振り返ります。誰の得にもならない、私の感情の墓場です。

実際に遅刻を改善した方法を知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

なおめっちゃ長い。

スポンサーリンク

そもそもの疑問が…

世の皆さんが普通に時間通り目的地にいることが、遅刻魔の自分としては疑問で仕方ない

通りすがりの<br>お兄さん
通りすがりの
お兄さん

そんなの、予定時刻に間に合うように支度して家を出るんだよ!

と怒られそうだけど、遅刻魔はそれができない。

素朴な疑問なんだけど、みんなどうやって時間を守れるようになったの?

誰かから教えられたの?勝手に身についたの?

自分は時間に間に合いたいマインドは常にあって、遅刻しそうなときは必死の形相で向かう人間なんだけど、

どうしても「時間に間に合う」ことができなかった。

それだけは未だに疑問なので誰か教えてほしい。

【幼少期】

小学生時代の記憶が少なく、果たして小学校に間に合っていたのかどうか記憶がない。

唯一の時間にまつわる記憶は、母と映画に行ったこと。

家を出るのが遅れて映画の開始時間に間に合わなくて、母親にむちゃくちゃ怒られた。

今思えば母親が「○時に出ようね」と教えてくれても良い気がするけどどうだろう。

【中学生時代】

家から学校まで10分の道を2分に短縮しようと、毎朝それはすごい形相で猛ダッシュしていた。

ある日、遠足でいつもと集合時間が違う日があって、珍しく余裕だなーとのんびり支度してたら

もう集合時間過ぎてみんな校庭に集まってるけど、どうしたの?」と学校から電話があった。

猛ダッシュで学校に行った。

全校生徒の視線を浴びて消えたかった。

それでも中学時代なんとかなっていたのは、いつもつるんでいた友達が私より遅刻が酷かったから。

友達がいると安心するし急いでるのも楽しくなってしまった

普通に30分〜1時間遅刻が当たり前。

「あいつ時間にルーズ過ぎない?」とよく愚痴の話題になっていた。

(ほかの人が遅刻して安心する自分、こうして性格がどす黒くなっていく)

【高校生時代】

遅刻しすぎて高一の二学期に、「お前、あと3回遅刻したら停学な」と担任から言われる。

やべー、入学して5ヶ月でそれはまずいよ。とその時は思うんだけど、普通に遅刻するんだよな。

当時、本気でやばい、ちゃんと学校間に合うように行きたいって思ってるんだけど、間に合わせ方が分からなかった。

バスを数本早いのに乗れば良いだけで、そのためにはそのバスに間に合うように朝起きて、家を出て…って逆算すれば良いだけ。それが出来ない。

担任は流石に停学と言ったら間に合うように来るだろうという思惑で言ってきたんだと思う。

まさか早々に3回中の2回を使い果たすと思わなかっただろうな。

そして当たり前に最後の一回も遅刻した。

バスの中で祈り続ける。「横断歩道停まるな!お願いだから早くして!!!」と。

自己肯定感を自ら下げにいく行い

でも願い虚しく遅刻した。


その後どうなったかというと、半泣きで担任にすがった。

バスが遅れたんです、間に合うはずのバスに乗ったのに!と懇願し続け事なきを得た。

停学にならなかった。

この一件があって、もうあんな気持ちにはなりたくないという思いからだいぶマシにはなったと思う。

遅刻し続けたけど。


でもその仕打ちは後から返ってきた。

内申点が届かず、指定校推薦で行きたい学校に入れなかったこと。

遅刻してなかったら入れてたのかな、とちょっと悔やんだけど、まぁ他の大学行けたしいっか、で終わり。

【大学生時代】

居酒屋でバイトをしていたこともあり、夜更かしの習慣が出来上がる。

友達に講義の出席カードを代行してもらうこともしばしば。

ある日、一人ずつみんなの前で自己紹介している映像をビデオ撮影して、その後みんなで鑑賞するという陰キャを震え上がらせる授業があった。

「みんなの前で発表」

「それをビデオで撮影」

「後からみんなで鑑賞」

という字面だけで消えたくなる授業。

分かってたら欠席したのに…!

んで、その日も遅刻。

ゼェゼェオタオタしながら教室に入ると「次、あなたの番よ」となんともナイスタイミングで私のターンだった。

あとから巨大スクリーンに映し出された自分は思い出しただけでも消えてええええと思うような代物だった。

【就活生時代】

働きたくないし働きたい仕事も無いけど、正社員という肩書きのために就活生に紛れ込んで就活ごっこしているイメージだった。

それで普通に面接やディスカッションにも遅刻する。。我ながら信じられない。アホすぎる。

遅刻はするし遅刻したっていう後ろめたさから自信もなくなり、当たり前に落ちてた。

でも直らない。

【社会人】

なんとか内定をもらったのはサビ残ブラック販売職正社員。

早番で出社したのに深夜0時まで会社に居て気が狂いそうになったこともあった。

そんな生活だから安定した睡眠時間が取れてなくて、ちゃんとした生活も出来ていなかったと思う。

自分の人間的な生活よりも仕事を優先させてたんだよな。

週に何日、ちゃんと化粧落として歯を磨いて、お風呂に入って布団で眠れた?というくらい、前記した全てをせずフローリングのリビングの床で寝てた。

ブラック企業社畜ワイ、会社に行きたくなくて家の中では現実逃避、どんどん家を出る時間が遅くなる。

だって家を出た瞬間に「会社に行く自分」になるんだよ。家を出た瞬間から会社に時間を取られている感覚になってた。

それでギリ間に合う時間を過ぎて家を出るからまた猛ダッシュor猛チャリ。

店長から「パートの〇〇さんから、あなたが出勤するのが遅いって言われたの。社員なんだからもっと早めに来るのが常識でしょう。」とお説教されたこともある。

本当にダメ人間だなぁと思ってたけど、マジで「時間に余裕を持つ」ということができなかった。

このとき精神的支えになっていたのが今の夫なんだけど、夫は遅刻にとても厳しい人だった。

遅刻した理由が仕事であれ、とても怒る。

怒鳴るとかではなく、無言になって怒りオーラをめちゃくちゃ出してきた。

でも私の遅刻グセは直らなかったしその後結婚した。

【結婚後】

結婚して子供が産まれて、遅刻がひどいときでも30分以内に収まってきた。

それでも遅刻するときもあった。

本当に変わろうと思ったきっかけは子どもだった。

子供の記念日に写真撮影をしようという日、自分の支度に手間がかかって電車に乗り遅れた。

さらに降りる駅を間違えて大幅に遅刻した。

結果的に写真は撮れたけど、遅刻の場合当日撮影できない場合も〜という注意事項もありパニックになった私を心配する子ども、夫を巻き込んでしまい自分を責めた。

本気でもうやめようと思った。

子どもにこうなって欲しく無い。絶対にこんな人間にならないで欲しい。

そう思ったのが大きかった。

確実にこの日を境に遅刻が減っていった。

遅刻って、本来ならば感じないネガティブな気持ちを、自分で作りに行ってるようなもんだからね。馬鹿だったなぁ。

今でも思う。遅刻癖がなかったらもう少しマトモな人間になってて、マトモな人生送れてたのかなぁって。

あー、マジで健全な人生やり直したい。

最後に伝えたいこと

こんな愚かな人間でも、今は結婚して幸せな人生贈ってるからあなたはまだまだ大丈夫と伝えたい。

いつか遅刻グセを治すためにやった行いを書くね。

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

タイトルとURLをコピーしました